闇金被害・トラブルの相談は、闇金対応している専門家へ!

※注意:弁護士・司法書士のすべてが闇金問題の相談にのってくれるわけではありません!

ヤミ金解決・相談無料のジャパンネット法務事務所
費用の後払い・分割払い可能!
今すぐ相談したいなら→0120-131-765(通話無料)
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    多様化する金利
    0
      利息制限法では下記のように金利が定められています。 
       ★10万円未満・・・金利年20%
       ★10万円〜100万円未満・・・金利年18%
       ★100万円以上・・・金利年15%

      そして、出資法では上限利率を年29.2%と定めています。
       
      実は、利息制限法には罰則がありません。
      それにひきかえ、出資法には罰則があり、上限利率を超える融資をすると、刑事罰の対象になるのです。
      この利息制限法の利率と出資法の利率の間を『グレーゾーン金利』と呼んでいます。
      以前はほとんどの貸金業者が29.2%で貸し付けていました。
      罰則のない利息制限法の利率は超えても、罰則のある出資法の利率は超えないように、グレーゾーン金利で貸付を行っていたのです。 この29.2%をも超える金利で貸し付けを行っているのがほぼ闇金(闇金融)です。
       
      ◆出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締まりに関する法律)
      5条2項に定められた金利規制(利息が年29.2パーセントを超えると、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金またはこれが併科される)に違反する高金利で貸付を行う金融業者を言います。
       
      貸金業法(貸金業の規制等に関する法律)に定める登録をせずに無登録で営業を行う業者もいますが、登録した上で、出資法違反の高金利を取る「闇金」業者が増加しています。

      「闇金」の金利は、
      トイチ
      10日で1割

      年利換算で365%

      トニ
      10日で2割
      年利換算で730%
      トヨン
      10日で4割
      年利換算で1460%
      トゴ
      10日で5割
      年利換算で1825%

      など年利が1000%を越えるような超高金利の闇金が主流です。


      違法が明確である闇金の金利で、借金を返し続けることは困難です。
      今すぐジャパンネット法務事務所へ無料相談しましょう!

      | jnhy | 11:33 | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 11:33 | - | - | - |
        ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所

        ヤミ金問題はどこに相談しても同じ結果とはなりません!
        ヤミ金対応のジャパンネット法務事務所は相談無料!費用の後払い・分割払い可能!