闇金被害・トラブルの相談は、闇金対応している専門家へ!

※注意:弁護士・司法書士のすべてが闇金問題の相談にのってくれるわけではありません!

ヤミ金問題の相談が無料の弁護士・司法書士
九段下総合法律事務所
イストワール法律事務所
エストリーガルオフィス
Page: 2/9  << >>
監査委員会から届いた「罰則金支払通知」を見極める
0
    自宅のポストに「未払金請求通知」「罰則金支払通知」や「未納利用料金請求最終通達」といった身に覚えのない不審なハガキが届いたことはありませんか?

    全く思い当たるフシがないのに、文面に書かれている「法的手段」や「最終通達」といった言葉に動揺して、つい支払ってしまう人が後を絶ちませんが、これらは基本的に架空請求と呼ばれる詐欺行為です。

    自己破産をした人の元には、「監査委員会」などの架空な団体を名乗り、破産者に対して「自己破産の違反行為が認められたため、期日までにば罰則金の支払いを命じる」といったメールや手紙を送るケースが多発しています。
    人生において自己破産を複数回繰り返す人はそうそういませんので、「監査があるんだ」と鵜呑みにして支払ってしまう人も少なくなく、別のケースでは専門家への相談をも禁ずる内容が盛り込まれていたりと、用意周到な請求体制っぷりで、被害者は追い込まれて支払ってしまうのです。

    しかし見破る手段があります。

    まず、連絡先の電話番号を確認して下さい。
    携帯番号が記載されていれば、ほぼ98%の確率で闇金業者ということになります。

    他にも、それらしい団体名で通知が届いた場合、ネットで検索するなどして存在する業者なのか、架空業者なのかを見極めることが可能です。

    「怪しい!?」と思ったら絶対に支払わないでください。
    相談を禁じられていても、決断する前にまずは相談し、被害を未然に防ぎましょう!

    闇金の借金対応は専門家が一番!無料相談OK!ジャパンネット法務事務所へ



    | jnhy | 15:24 | - | - | - |

    Category

    こちらでも相談できます

    ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

    ブログランキングに参加しています



    ホームページランキングRank Now!

    にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ


    応援よろしくお願いします。
    一括ランキング投票

    PR

    Feed

    Link

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM